2008年04月02日

福岡・針金犬 長野の男性が里親に 「目がかわいい」

20080402-00000009-maip-soci-view-000.jpg保護された犬と対面した伊田さん=直方市畑のアミノ動物病院で2008年4月1日午前10時59分、入江直樹撮影

 福岡県鞍手町で首に針金が絡まり、その後保護された犬の里親が決まった。長野県上田市の無職、伊田重穂(しげお)さん(61)で、1日、福岡県直方市の動物病院を訪れ連れて帰った。犬は針金の影響で食事や呼吸がしにくい障害が残っているというが、伊田さんは「思ったより元気。優しい顔で目がかわいい」と話した。 

 伊田さんはたまたま見たテレビのニュースで犬のことを知り、同県鞍手保健福祉環境事務所に電話で引き取りの意思を伝えた。里親希望は他に7件あったが、伊田さんが最も熱意があり、連絡も早かったという。約300平方メートルの庭があることも決め手になった。

 約2年前に愛犬を心臓の病気でなくした伊田さんは「かわいそうだと思った。いい子なんじゃないか」と直感したという。

...続きを読む>>
posted by obaco at 10:33| いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。