2008年06月06日

トマト:見たことない! 人形そっくりの変り種

20080606-00000020-maiall-soci-view-000.jpg雁瀬九良兵衛さん方で採れたお人形さんのようなトマト=東近江市提供

 東近江市池田町の農業、雁瀬(がんせ)九良兵衛さん(71)方のガラス温室で、人形のような形をしたトマトが採れた。形が面白いため、雁瀬さんは同市役所へ届け、本庁1階ロビーで展示されている。

 雁瀬さんはトマト作り30年。今年は「桃太郎」3600株をガラス温室で水耕栽培したところ、子どもの頭ほどあるジャンボトマトや、ひょうたん型のトマトが採れた。

 そして、人形型のトマトも出現。何となくユーモラスで、「こんな形なら大勢の市民に見てもらいたい」と市役所へ。「30年、トマトを作っているが、こんなことは初めて」と変わり種の続出に戸惑っている。【斎藤和夫】

6月6日16時23分配信 毎日新聞
posted by obaco at 16:23| 変形野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みあげた大根性

SEB200806060005.jpg石垣に生えた大根=平戸市宝亀町

 長崎県平戸市宝亀(ほうき)町の三末勇人(みすえはやと)さん(40)方の石垣のすき間で、大根がたくましく成長している。

 三末さんが大根の芽に気づいたのは、今年1月。畑から150メートル以上離れているので不思議に思ったが、母久子さん(73)が石垣のそばで干した種が風で飛んだらしい。「そのうち枯れるだろう」と全く手をかけなかったが、大根は花をつけ、種も取れた。久子さんも大根が可愛かったらしく、立ち止まって観察したり虫を取ったりしていた。

 感心して眺めているうちに食べ頃もすっかり過ぎてしまった。だが、三末さんは「さすがの大根性」と、最後まで見届けるつもりだ。

2008年06月06日07時51分 asahi.com
posted by obaco at 07:51| いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。