2008年09月30日

源内ゆかり?の花、59年ぶり咲く 東京・自然教育園

TKY200809300072.jpgトラノオスズカケ=東京都港区の国立科学博物館付属自然教育園で、同園提供

 江戸時代の発明家で本草学者でもあった平賀源内が、現在の国立科学博物館付属自然教育園(東京都港区)に植えたとされる、希少な植物トラノオスズカケが59年ぶりに紫色の花を咲かせた。

 自然教育園は高松藩主の下屋敷だった。植物学者の牧野富太郎は1933年、「植物研究雑誌」に「平賀源内が、当時かれが郷国の讃岐から珍品としてこれを持ち来たったか、あるいは取り寄せたかした」と書いている。

 トラノオスズカケは四国や九州に自生するが、最近はめっきり減り、鹿児島県や愛媛県などで絶滅危惧(きぐ)種に指定されている。自然教育園では1949年に採取した標本があるが、以後は記録がなく、全滅したと思われていた。昨秋に6株が見つかり、うち1株が今月花を咲かせた。

 萩原信介研究主幹(植物生態学)は「土の中で眠っていた種子が目覚めたのではないか」と話している。花芽が三つ出ており、10月初旬まで見られそうだ。

2008年9月30日14時2分 asahi.com
posted by obaco at 14:02| いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

突然変異? 愛媛・四国中央市に「長ナス3兄弟」

OSK200809260011.jpg三ツ股に分かれた珍しいナス

 一つのヘタ(ガク)から3本に分かれた長ナスが、愛媛県四国中央市で収穫された。自宅の庭で栽培していた農業、細川登喜男さん(72)は「40年間ナスを作っているが、こんなのは初めて」。

 同県農林水産研究所によると、実が下の方で二股に分かれる「舌出果(しただしか)」はよくあるが、ヘタから三つ股に分かれているのは珍しい。花芽の成長過程で突然変異が起きたのではないか、という。

 長さ11〜15センチに成長した「長ナス3兄弟」を24日に摘み取った細川さんは「まだ、もったいなくて食べられない」。近所の人に見てもらってから、丸ごとフライにするという。

2008年9月26日10時31分 asahi.com
posted by obaco at 10:31| 変形野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

カボチャが白鳥そっくり 山形・東根

20080916-00000010-maip-soci-view-000.jpg白鳥そっくりの形のおもちゃカボチャ=細田元彰撮影

 山形県東根市の無職、渡辺信さん(74)が畑で育てた観賞用カボチャが、白鳥そっくりの形に成長した。水上で羽を休め、遠くを眺めるような姿。渡辺さんは「こんな形は初めて」と大喜びだ。

 ひょうたん型になる「おもちゃカボチャ」と呼ばれる品種で、直径は約10センチ。05年10月に岩手県遠野市の土産物店で見つけ、一つとして同じ形のない珍しさから購入。以後、畑で収穫しては植え付けていた。

 「最初は本当に驚いた。縁起が良いね」と渡辺さん。中身をくりぬき、ペンキを塗って保存するという。「シンデレラ」では魔法で馬車になったが、渡辺さんの愛情が魔法代わりになった?【細田元彰】

9月16日19時15分配信 毎日新聞
posted by obaco at 19:15| 変形野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

ダックスフント 事故死の母猫代わり…2匹子育て 宮崎

20080913-00000017-maip-soci-view-000.jpg子猫を優しくくわえて守るダックスフントのジャムちゃん=宮崎県清武町で

 宮崎県清武町の精米業、野崎善行さん(73)方の雌のダックスフントが、車にひかれて死んだ母猫の親代わりになり、2匹の子猫を育てている。乳を与えたり、優しくくわえて運んだりする奮闘ぶりに、妻キヨセさん(68)は「憶病な犬でしたが、すっかり母の貫禄が出てきました」と見守っている。

 飼い犬は5歳で名前は「ジャム」。野崎さん宅の裏庭で今月8日夕、生後間もない3匹の子猫が鳴いているのを、小3の孫娘が見つけた。すぐにジャムが子猫にかけより、横になって乳をやり始めた。だが、9日夜、衰弱気味だった1匹は死んでしまった。
...続きを読む>>
posted by obaco at 12:42| いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

吉兆の予感? 白鳥のようなズッキーニ 軽井沢

TKY200808310005.jpg白鳥の形に似たズッキーニ

 長野県軽井沢町長倉のレストラン「エンボカ」の野菜畑で、白鳥のような色と形のズッキーニがとれた。店先に飾っているが、珍しいと写真を撮っていく客が多いという。

 全体が白く、首のようにくねくねしている部分は実の付け根。台に置いた高さは50センチほどだ。今井義浩さん(26)らスタッフ3人は計13アールほどの畑に無農薬、有機肥料で70種ほどの野菜を育てており、このズッキーニは種をイタリアから取り寄せ、5月にまいたものだという。

 実はキュウリのように伸びるものもあれば、4分の3ほどの円を描くものもあるが、「こんな形は初めて」と今井さん。どんな吉兆か?

2008年9月3日8時4分 asahi.com
posted by obaco at 08:04| 変形野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。