2008年07月30日

“手”使って水を飲む猫

20080730-00000012-maip-soci-view-000.jpgじょうろに前脚を添えて水を飲むもっくん=2008年7月30日、安部拓輝撮影

 山口県周南市でマジッククラブを経営する石村隆律さん(64)が飼うオスの白猫「もっくん」は、じょうろの口を前脚で引き寄せて、水をラッパ飲みする。

 2年前の夏、毎朝花壇に水をやる石村さんが、植木からしたたる水をペロペロなめるもっくんにじょうろを向けたところ、前脚で捕まえてがぶ飲みするようになった。

 飲み終わると木陰に寝ころび満足げ。夏バテ知らずのもっくんに、石村さんは「水分を十分に取って、涼しいところでゴロゴロするのが元気の秘けつかも」。【安部拓輝】

7月30日18時37分配信 毎日新聞
posted by obaco at 18:37| いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。