2008年09月16日

カボチャが白鳥そっくり 山形・東根

20080916-00000010-maip-soci-view-000.jpg白鳥そっくりの形のおもちゃカボチャ=細田元彰撮影

 山形県東根市の無職、渡辺信さん(74)が畑で育てた観賞用カボチャが、白鳥そっくりの形に成長した。水上で羽を休め、遠くを眺めるような姿。渡辺さんは「こんな形は初めて」と大喜びだ。

 ひょうたん型になる「おもちゃカボチャ」と呼ばれる品種で、直径は約10センチ。05年10月に岩手県遠野市の土産物店で見つけ、一つとして同じ形のない珍しさから購入。以後、畑で収穫しては植え付けていた。

 「最初は本当に驚いた。縁起が良いね」と渡辺さん。中身をくりぬき、ペンキを塗って保存するという。「シンデレラ」では魔法で馬車になったが、渡辺さんの愛情が魔法代わりになった?【細田元彰】

9月16日19時15分配信 毎日新聞
posted by obaco at 19:15| 変形野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。