2008年09月26日

突然変異? 愛媛・四国中央市に「長ナス3兄弟」

OSK200809260011.jpg三ツ股に分かれた珍しいナス

 一つのヘタ(ガク)から3本に分かれた長ナスが、愛媛県四国中央市で収穫された。自宅の庭で栽培していた農業、細川登喜男さん(72)は「40年間ナスを作っているが、こんなのは初めて」。

 同県農林水産研究所によると、実が下の方で二股に分かれる「舌出果(しただしか)」はよくあるが、ヘタから三つ股に分かれているのは珍しい。花芽の成長過程で突然変異が起きたのではないか、という。

 長さ11〜15センチに成長した「長ナス3兄弟」を24日に摘み取った細川さんは「まだ、もったいなくて食べられない」。近所の人に見てもらってから、丸ごとフライにするという。

2008年9月26日10時31分 asahi.com
posted by obaco at 10:31| 変形野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。