2009年04月28日

根は1本、先は2本?「双子タケノコ」 福岡・直方

SEB200904260005.jpg先が2本に分かれたタケノコ=福岡県直方市

 同じ根から先が2本に分かれたタケノコが24日、福岡県直方市役所に届けられた。「双子のようだ」と話題になっている。

 直方市頓野の武居京子さん(73)が数日前、隣人からタケノコ数本をもらった。その中に、同じ根から先が2本に分かれている「双子タケノコ」があった。長さは約25センチ。形が珍しく、かわいらしかったので、京子さんは調理せず居間に飾った。夫の秀明さん(75)の友人がそれを見て市役所に持ち込んだという。

 合馬観光たけのこ園(北九州市小倉南区合馬)の冨岡修園長は「なかなか見ることがない形」と話している。

2009年4月28日3時2分 asahi.com
posted by obaco at 03:02| 変形野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。