2009年05月12日

“ど根性”ツツジ満開、道路わきのカバーからニョキ

20090512-685474-1-L.jpg鉄線の防護カバーの上からピンクの花を咲かせる「ど根性ツツジ」(東京都町田市で)

 東京都町田市木曽東の市道わきで、電柱を支えている鉄線を保護する黄色いカバーの上からツツジが満開の花を咲かせ、近所の話題となっている。

 沿道に植えられているヒラドツツジが偶然、長さ約2メートルのカバー内に潜り込み、枝を伸ばしたようだ。カメラが趣味という近くの中野定信さん(71)(根岸町)によると、2年前から花を咲かせるようになった。

 中野さんは「カバーの中を伸び続けて、ついに花を咲かせた“ど根性”に感動している」と話している。街路樹を管理している市道路補修課は「大変珍しい」と話している。

 現場は、町田駅前通りの境川団地中央交差点から木曽中原交差点方向へ約100メートルのところ。

(2009年5月12日07時10分 読売新聞)
posted by obaco at 07:10| いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。