2009年07月29日

踏まないで…「ド根性大根」歩道の石畳から

20090728-017946-1-L.jpg石畳の歩道から顔をのぞかせた大根(茨城県日立市で)

 茨城県日立市の国道6号交差点そばにある歩道の石畳から大根が顔をのぞかせ、近所の人を驚かせている。

 石畳のわずかなすき間から葉を広げ、双子のような白い根二つが浮き上がっている。最初に気づいた同市大久保町の薬局店主、関根良彦さん(79)は「ここで30年薬局を開いているが、こんなことは初めて。大した生命力」と感心しきり。

 関根さんは、近くの野菜畑から、種が雨で流されて成長したのではと推測。「人通りが多い場所なので踏まれなければいいが」と気が気でない様子だった。

(2009年7月29日17時18分 読売新聞)
posted by obaco at 17:18| いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。