2006年07月10日

ジダン、W杯決勝で3得点した4人目の選手に

20060710-00000009-spnavi-spo-view-000.jpgワールドカップ決勝のイタリア戦、チップキックでPKを決めるジダン【(C)BPI】

 ワールドカップ・ドイツ大会決勝のイタリア戦でPKを決めたことで、フランスのMFジダンは1つの記録に並んだ。W杯決勝で通算3ゴールを記録したのは、彼で4人目となる。ジダンは、フランスがブラジルを3−0で破って優勝した1998年大会決勝でも2ゴールを記録していた。

 決勝戦1試合だけで3得点した唯一の選手は、イングランドのジェフ・ハースト。西ドイツを4−2で破った1966年大会決勝で、3得点を記録した。残りの2人は、ブラジルのペレとババ。ペレは1958年大会のブラジル対スウェーデン戦(5−2)で2得点を決め、さらに1970年大会のイタリア戦(4−1)で1得点している。ババもペレと同様、1958年のスウェーデン戦で2ゴールを記録し、さらに1962年大会決勝のチェコスロバキア戦(3−1)でも1得点した。

(スポーツナビ) - 7月10日12時44分更新
posted by obaco at 12:44| WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。