2006年07月11日

「ジダンが先に挑発」マテラッツィが反論

20060711-00000536-reu-spo-view-000.jpg 7月10日、サッカーW杯のイタリアDFマテラッツィ(左)は、退場処分を受けたフランス主将ジダンを「テロリスト」と呼んだとの報道について否定した。9日撮影。提供写真(2006年 ロイター/Peter Schols/GPD)

 サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会の決勝(9日)で退場処分となったフランスのMFジダンを、異常な行動に駆り立てた要因について様々な憶測が流れている。

 ジダンはイタリアのDFマテラッツィに頭突きを見舞って退場となったが、英国の一部メディアやロイター通信は、アルジェリア移民の息子であるジダンが、マテラッツィから「卑劣なテロリスト」とののしられた事が背景にあると関係者の話をもとに伝えた。「母親を侮辱する言葉を投げかけられたことが原因」とする報道もある。

 これに対してマテラッツィは11日付のイタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」で「頭突きを受ける直前に、私は彼を数秒間抑え込んだ。するとジダンは、こちらをあざわらうように、『シャツが欲しければ後でやる』と言った。私は彼に対して尊大な態度を取ったかもしれないが、差別的な発言はしていない」と反論した。(ベルリンで、千葉直樹)

(2006年7月11日23時22分 読売新聞)

サッカー=マテラッツィ、ジダンを「テロリスト」と呼んでいない


 [ローマ 10日 ロイター] サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会決勝のフランス戦で、イタリアDFマテラッツィが退場処分を受けたフランス主将のジネディーヌ・ジダンを「テロリスト」と呼んだとの報道について、マテラッツィが10日否定した。

 マテラッツィはイタリア通信社「ANSA」の取材に対し、「それは真実ではない。私は彼をテロリストと呼んでいない。私は無知なので、その言葉の意味すら理解していない」と語った。

 フランスのパリに拠点を持つ人権擁護団体の「SOSレイシズム」が関係筋の話として先に報じたところによると、マテラッツィはアルジェリア系移民2世のジダンを「卑怯なテロリスト」と呼んだ、という。

 同団体は、国際サッカー連盟(FIFA)に対し、原因究明の調査を要求している。

 今大会を最後に現役引退するジダンは前半7分に先制点を決める活躍を見せたが、延長後半5分にイタリアのマテラッツィと口論の末、頭突きをし、レッドカードの退場処分を受けた。

 フランスTV局の報道によれば、ジダンは近日中にこの件についてコメントするもよう。

(ロイター) - 7月11日13時5分更新
posted by obaco at 23:22| WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。