2006年07月20日

ジダン頭突き事件、両者に処分下る

20060720-04603391-jijp-spo-view-001.jpg ワールドカップ決勝で相手選手に頭突きを見舞った件で、事情聴取を受けるため国際サッカー連盟本部に入るフランスのMFジダン。事情聴取は約1時間半で終わった(20日、スイス・チューリヒ)(EPA=時事)22時11分更新

 FIFAは現地時間20日、2006年W杯決勝でフランス代表MFジネディーヌ・ジダンがイタリア代表DFマルコ・マテラッツィに対して頭突きを見舞った件に関して、両者に処分を科すと発表。一方で、噂されていたジダンのW杯MVPはく奪という処分は下されなかった。

 侮辱的な発言を受けたとして、暴力行為に及んだジダンに対しては、7500スイスフラン(約70万円)の罰金と国際試合3試合の出場停止処分が下されることに。ジダンに対して挑発する言動を投げかけたマテラッツィには5000スイスフラン(約47万円)と国際試合2試合の出場停止処分が科されることとなった。なお、ジダンはW杯後の現役引退をすでに表明しているため、FIFAのプログラムのもとで3日間の社会奉仕活動を行なうことになる。

 また、マテラッツィが人種差別的な発言をしたとして様々な憶測を呼んだが、そのような事実はなかった模様。14日に事情聴取を受けたマテラッツィが主張するように、この日FIFAから事情聴取を受けたジダンも人種差別を受けたことを否定した。

2006年7月20日(木) 23時20分 ISM

侮辱側も罰する異例の処分 ジダン問題でFIFA


 フランスのMFジダン(34)に罰金約70万円と社会奉仕活動3日間、イタリアのDFマテラッツィ(32)に罰金約47万円と出場停止2試合――。

 国際サッカー連盟(FIFA)の規律委員会は頭突きしたジダンだけでなく、ジダンが「暴言を繰り返して挑発してきた」と非難したマテラッツィまでも処分した。事実認定が難しい侮辱側まで罰するという、極めて異例の処分となった。FIFAは、フェアプレーを順守する立場を明確にすることを選んだ。

 FIFAはマテラッツィのジダンへの発言は侮辱的だったが人種差別的なものではなかったとした。発言の具体的な内容については明らかにしなかった。

 FIFAの規約では「身ぶりや言葉などで相手を侮辱した選手は最低2試合の出場停止。宗教や出自などの差別的発言は最低5試合の出場停止」と定めている。

 ところがプロの試合は上品には行われていないのが現実だ。侮辱発言は日常のように行われ、選手が使う言語によっては、ひわいな言葉が叫ばれる。「審判に向かって言ったのでなければ、たいていの暴言は見逃す。大事な試合で選手が背負うストレスは理解できるから」と公言する国際クラスの審判もいるほどだ。

 この処分によってFIFAは、侮辱や挑発が平然と行われている状態を改善しようという姿勢を見せたことになる。挑発行為をなくす抑止力にもなるだろう。

 だが、今後も同じような問題が起きたときにどうするのか、という新たな問題が生じる。

 今後、退場になった選手が侮辱されたと訴えるケースが増えるだろう。中傷する言葉をはっきりと聞き取るのは不可能に近い。国際試合では使われる言語も違う。しかも、マテラッツィのように侮辱発言を認めた場合でなければ、事実を突き止めることは難しい。

 FIFAが侮辱発言を調査しなければ、「ジダンのような人気選手だけが特別なのか。W杯だけ調査するのか」という批判も出てくる。侮辱発言をどこまで調査するのか、各国協会も取り組むべきなのか、明確なガイドラインが必要だ。

 7月9日のW杯決勝の延長後半5分、マテラッツィに言葉を掛けられたジダンは、いったん離れかけたが、戻ってマテラッツィの胸に頭突きをした。第4審判の指摘で退場処分を受けた。試合はPK戦でイタリアが勝った。

asahi.com 2006年07月21日00時50分
posted by obaco at 23:20| WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。