2006年09月06日

月内に運行認可申請 初の喫煙者専用旅客機

kinen.png 仏紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューンは、世界初の喫煙者専用旅客機の運航を計画していたドイツの実業家、アレキサンダー・ショップマン氏が今月下旬にも同国の航空当局にデュッセルドルフ−東京便の運航認可を申請する見通しだと報じた。

 報道によると、ショップマン氏は、これまでに欧州や中東の個人投資家から約3億ユーロ(約447億円)を調達。客室乗務員とパイロットを他社から引き抜き、最終的に275人確保する計画という。

 リース契約で調達したボーイング747型機2機は全席がファーストクラス、またはビジネスクラスとし、運賃は独ルフトハンザ航空の同路線と同水準になるとの見通しを示した。ルフトハンザはビジネスクラスで4298ユーロ(約64万円)、ファーストクラスで8285ユーロ(約123万円)を設定している。

(フジサンケイ ビジネスアイ) - 9月6日8時32分更新
posted by obaco at 08:32| たばこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。