2006年10月20日

たばこICカード 喫煙者に「タスポ」発行 08年度から

20061020-00000011-maip-bus_all-view-000.jpg 08年中に全国に導入される成人識別自動販売機。「タスポカード」をかざして購入する=東京都内で19日、三沢耕平写す

 日本たばこ協会など3団体は19日、08年中に導入する成人識別自動販売機の概要を発表した。喫煙者に発行するICカードは「taspo(タスポ)」で、これを使わなければたばこが買えない仕組み。協会では、喫煙人口の約7割に当たる約2100万枚の発行を見込んでいる。

 08年3月に鹿児島、宮崎両県で試験導入、同年7月までに全国に設置する。タスポは「たばこのパスポート」の略で、顔写真と会員番号を付記。有効期限は10年で、現金をチャージすれば専用のプリペイドカードとしても使える。現金を使う場合も、このカードをかざさなければたばこを買うことができない。クレジット機能はない。

 発行は08年2月から。小売店や行政機関に用意される専用封筒を使い、顔写真と身分証明書のコピーを同協会のカード発行センターに郵送で申し込む。郵送費用は協会側が負担する。

 成人識別自販機は未成年者の喫煙を阻止するのが目的だが、生体認証システムはないため、業界には「本人確認が難しく、限界もある」と実効性を疑問視する声もある。

 開発・整備コストは800億〜900億円で、たばこメーカーは今年7月、たばこ税の増税分以上の値上げに踏み切っている。【三沢耕平】

(毎日新聞) - 10月20日9時58分更新

未成年者喫煙防止、たばこ自販機カードは「タスポ」


 日本たばこ協会(東京都港区)は19日、未成年者の喫煙防止のため、成人だけに発行するICカードの名称を「taspo(タスポ)」とすると発表した。

 2008年7月からは、全国のたばこ自販機約62万台すべてで、このカードがないとたばこを購入できなくなる。

 「たばこのパスポート」との意味が込められた。発行は無料で、同協会に郵送で申し込む。有効期間は10年間。本人の顔写真と氏名などが記載されるが、未成年者が他人のタスポを使うことも可能で、未成年者の喫煙を完全に防止できるわけではない。指紋など生体認証機能を持たせることも検討されたが、雨風にさらされる自販機では機能しない恐れがあり見送られた。

(2006年10月19日22時6分 読売新聞)



JCB、たばこ自動販売機のIC電子マネーを発行


「たばこ自動販売機のIC電子マネー発行」について

 クレジットカード業界最大手の株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:信原 啓也、以下:JCB)は、社団法人日本たばこ協会(所在地:東京都港区、会長:ダーン デーラン、以下:TIOJ)と業務提携し、本協会が中心となって2008年3月より運用開始予定の独自電子マネーの業務を受託することで合意いたしました。

 TIOJは、2008年より、たばこ自動販売機での成人識別用ICカード(名称:taspo「タスポ」)を発行するにあたり、利便性を高める機能として、成人識別用ICカードとたばこ自動販売機の間で利用可能な独自の電子マネー機能を提供いたします。
 電子マネーを搭載したカードとしては国内最大規模の発行枚数を予定しております。
 また、本サービスに対応するたばこ自動販売機は、2008年3月に鹿児島県と宮崎県から順次展開を開始し、同年7月に全都道府県での導入を完了する予定です。
 これにより約62万台(※)のたばこ自動販売機で本電子マネーが利用可能となります。

 このたびJCBは、この電子マネー(名称:Pidel「ピデル」)の発行管理主体として本サービスの運営・管理業務を受託することを決定いたしました。
 具体的には、電子マネーの発行者として電子マネーのバリューと流通を管理するとともに、自動販売機を保有する販売店様との間で電子マネーのチャージおよび利用に応じて、口座決済による資金精算を行います。

 本提携は、JCBが日本唯一の国際クレジットブランドホルダーとして長年培ってきた総合的な決済ソリューションのノウハウを生かして電子マネースキームを提供することにより、TIOJ、全国たばこ販売協同組合連合会、日本自動販売機工業会の3者が社会的使命として取り組んでいる成人識別スキームの構築に協力・貢献を目指すものです。

 JCBは、これを機に、自社の決済事業に関するノウハウやプロダクトを提供する受託ビジネスの展開を一層強化いたします。
 また、少額決済市場における電子マネーの業務受託により、決済手段に対するお客様の多様なニーズに対応し、提携先の事業に寄与するだけでなく、汎用非接触ICの決済ソリューションを大きく飛躍させることができるものと期待しております。

※平成17年度日本自動販売機工業会の調査による。
 自動販売機の機種や通信環境、たばこ販売店様のご意向により、電子マネー機能をご利用いただけない自動販売機がございます。

以上

日経プレスリリース 2006/10/19
posted by obaco at 09:58| たばこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。