2006年10月25日

「受動喫煙で被害」初の調停成立、示談金は80万円

kinen.png 健康増進法で定められた分煙措置を雇用主が怠ったため、受動喫煙で化学物質過敏症を患ったとして、北海道の会社員、岡本めぐみさん(35)が札幌市東区の会社に慰謝料100万円の支払いを求めた調停が札幌簡裁であり、同社が岡本さんに示談金80万円を払うことで調停が成立したことが25日、明らかになった。

 受動喫煙を巡る訴訟では、東京地裁が2004年7月、東京都江戸川区に対し、職員に5万円を賠償するよう命じた例があるが、代理人の黒木俊郎弁護士によると、「調停の成立は全国で初めて」としている。

(2006年10月25日15時17分 読売新聞)
posted by obaco at 15:17| たばこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。