2006年12月06日

東京湾に蜃気楼が出現…今冬一番の冷え込みで?

MM20061206000950906L0.jpg 今冬一番の冷え込みとなり蜃気楼が現れた東京湾(5日午前9時すぎ、千葉市美浜区の「人工海浜・幕張の浜」で)=坂田薫さん提供

 関東各地でこの冬一番の冷え込みとなった5日朝、千葉市・幕張沖の東京湾で、小さい規模ながら蜃気楼(しんきろう)が出現。その様子をカメラマン坂田薫さん(57)(千葉県習志野市)が撮影した。

 蜃気楼は、海面近くと、その上の空気との温度差が大きい時、光が屈折して起きる現象で、海上の船が浮き上がって見えた。

 蜃気楼といえば富山湾が有名だが、気象庁は「海水温に比べて気温が低い冬など条件さえ整えば、東京湾でも見られる」と話している。

(2006年12月6日0時5分 読売新聞)
posted by obaco at 00:05| 特ダネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。