2007年03月01日

独政府が禁煙拡大、公共交通機関や官庁も

kinen.png 【ベルリン=三好範英】ドイツ連邦政府は28日の閣議で、ドイツ国内の公共交通機関や官庁を原則として禁煙とし、喫煙可能な年齢も現状の16歳以上から18歳以上に引き上げることを決めた。

 連邦議会、参議院で「非喫煙者保護法」案が可決されれば、9月から実施される。

 違反に対する過料は最高1000ユーロ(約15万円)となる見通し。飲食店なども禁煙とするかどうかは、州が判断することとし、3月中に州首相が議論し、決定する。

(2007年3月1日10時42分 読売新聞)
posted by obaco at 10:42| たばこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。