2008年06月06日

みあげた大根性

SEB200806060005.jpg石垣に生えた大根=平戸市宝亀町

 長崎県平戸市宝亀(ほうき)町の三末勇人(みすえはやと)さん(40)方の石垣のすき間で、大根がたくましく成長している。

 三末さんが大根の芽に気づいたのは、今年1月。畑から150メートル以上離れているので不思議に思ったが、母久子さん(73)が石垣のそばで干した種が風で飛んだらしい。「そのうち枯れるだろう」と全く手をかけなかったが、大根は花をつけ、種も取れた。久子さんも大根が可愛かったらしく、立ち止まって観察したり虫を取ったりしていた。

 感心して眺めているうちに食べ頃もすっかり過ぎてしまった。だが、三末さんは「さすがの大根性」と、最後まで見届けるつもりだ。

2008年06月06日07時51分 asahi.com
posted by obaco at 07:51| いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

21枚葉のクローバー発見、ギネス記録を3枚更新…岩手

20080605-2767914-1-L.jpgギネス記録を更新した21枚葉のクローバー

 葉の数が多いクローバーについて研究している岩手県花巻市の農業小原繁男さん(83)が、自宅の畑で21枚葉のクローバーを発見、自らが持つギネス認定記録の18枚を上回った。

 0・7〜1・3センチの小さな葉が、バラの花びらのように折り重なっている。3日、自宅の畑に腹ばいになり、数字を書いたシールをはりながら数えて確認した。

 小原さんは元県職員で、飼料作物を研究した経験を持つ。1951年、約6割が4枚以上の葉を出した珍しいクローバーに出会ったのがきっかけで、葉の数と遺伝の関係を研究し始め、畑で自然交配をさせた。

 18枚葉を見つけたのは2002年。今年5月には、家族が27枚葉を見つけたという。「もっと多いものがあるはず」と、今回は記録更新の申請を見送るつもりだ。

 四つ葉は幸せ、五つ葉は金運、六つ葉は名声──といわれるクローバー。小原さんの夢は、30枚葉という。

(2008年6月5日19時44分 読売新聞)
posted by obaco at 19:44| いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セクシーなダイコン、あと数日の命 下関の定食屋

SEB200806040007.jpgセクシー?なダイコンを持つ春野さん=下関市の定食屋「あき」

 一本のダイコンが二股に分かれたセクシーなダイコンが下関市観音崎町の定食屋「あき」に置かれている。

 店主の春野明子さん(62)が市内の市場で見つけ、店の話題づくりに、と購入した。長さ約40センチ。紙を巻くとミニスカートをはいたふくよかな足に見える。しおれないように水を入れたビールジョッキにつけてカウンターに置いた。客は「女性が足湯につかっているようだね」。

 あと数日ほどおいて料理に使う予定だ。

2008年06月05日17時13分 asahi.com
posted by obaco at 17:13| 変形野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人の手の「大根」が呼ぶ?お客さん…東京・狛江市で収穫

20080605-2764737-1-L.jpg形は手のひらそっくり、東京・狛江で穫れたびっくり大根

 まるで人の手――。東京・狛江市の農家絹山富男さん(66)の畑で、5またに分かれた大根がとれた。

 収穫したのは2日朝。畑の土が硬かったり、石があったりすると、大根はこんな格好になることがあるというが、「ここまで分かれているのを見たのは初めて」と絹山さんはびっくり。

 絹山さんは自分の直売場で、この大根を展示している。「お客さんがたくさん来てくれるように、手招きしてくれればいいね」

(2008年6月5日15時12分 読売新聞)
posted by obaco at 15:12| 変形野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

bounceball

posted by obaco at 19:23| 珍ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

瑠璃色に輝くザリガニ 小樽で公開

瑠璃色に輝くザリガニ 小樽で公開瑠璃色のニホンザリガニ=小樽市のおたる水族館

 おたる水族館に貴重な瑠璃(るり)色ニホンザリガニが仲間入りし、一般公開されている。

 「青いザリガニ」とも呼ばれ、絶滅危惧(きぐ)種のニホンザリガニ(標準和名ザリガニ)と同一種。ニホンザリガニは茶褐色だが、道内の特定の河川では体が青い個体が多く生息することが確認されている。今回は関係機関から8匹を一時預かり、1階の特設水槽で公開している。

2008年05月30日19時00分 asahi.com
posted by obaco at 19:00| いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

幸せ呼ぶ?四つ玉タマネギ

SEB200805270025.jpg幸せを呼ぶ四つ葉のクローバーのような四つ玉タマネギ

 「四つ玉のタマネギ」が、佐賀県白石町のJAさが白石地区統括支所に飾られている。同支所職員の家の畑で収穫中に見つかったという。

 同支所によると、玉が二つに分かれることはたまにあるが、「四つ玉を見るのは初めて」。商品価値はないというものの、訪れた人の目を楽しませている。

 四つ葉のクローバーのように幸運を呼ぶかは未知数だが「ぜひ見に来て、白石産のタマネギをたくさん買って食べて。血液サラサラになって幸せ間違いなし」と同支所。

2008年05月28日17時01分 asahi.com
posted by obaco at 17:01| 変形野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

「ちょうすけ」やーい 下くちばし長いスズメ、姿消した

TKY200805170013.jpg頭をかしげ上手に餌をついばむスズメの「ちょうすけ」=岩手県宮古市宮町、中屋啓さん提供

 下のくちばしが上のくちばしよりも長いスズメが、頭を傾けて必死に餌をついばむ。名前は「ちょうすけ」。岩手県宮古市宮町の中屋リサさん(74)方にやって来る顔なじみだったが、ここ10日ほど姿を見せず、中屋さんは安否を気づかっている。

 中屋さんは昨年10月ごろ、玄関先に飛来するスズメの中に、1羽だけ変わった食べ方をするのがいることに気づいた。よく見ると、下のくちばしが上よりも長く、食べるのに苦労している様子だった。

 中屋さんはその1羽を、俳優の故いかりや長介さんにちなんで「ちょうすけ」と名付けてかわいがっていた。「ちょうすけ」は家の中まで中屋さんを追い、餌をもらいについてくるまでになついた。

...続きを読む>>
posted by obaco at 10:20| いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

旬の「路地物?」アスファルト突き破る「ど根性アスパラ」

20080516-2462891-1-L.jpgアスファルトの歩道を突き破って伸びる「ど根性アスパラ」(札幌市東区で)

 札幌市内の市街地で、北海道特産のアスパラガスが電柱脇のアスファルトを突き破って生え出し、通行人をギョッとさせている。

 その名も「ど根性アスパラ」。近所の人によると、毎年同じ場所に生えてくる。今年は伸び始めが2週間ほど早かったという。

 道内では旬の露地物のアスパラガスが店頭に並び始めた。アスファルトに負けない強さにあやかりたかったのか、この「路地物」も2、3本収穫された跡があった。

(2008年5月16日09時31分 読売新聞)
posted by obaco at 09:31| いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

根性ネギ:アスファルトからたくましくニョキ! 農家にも元気与える

20080515-00000029-maiall-soci-view-000.jpg湖周道路わきの歩道にたくましく生える根性ネギ

 近江八幡市大中町の湖周道路の歩道のアスファルトのつなぎ目から、ネギが生えた。交通量が多く、風も強い場所で、たくましく伸びる姿に、地元では「根性ネギや」と話題になっている。

 10日にジョギングで通りがかった地元住民が発見。車道脇の街路灯のコンクリートと歩道のアスファルトとのつなぎ目から生えた。最初2本あったが、1本は折れ、ネギ坊主もできた高さ40センチほどの1本だけが残った。

 同町農事改良組合長、辻正隆さん(48)は「近くにネギ畑はないのに」と、不思議がるが、「農業を取り巻く環境は厳しいが、このネギを見習って我々も頑張りたい」と“根性ネギ”にエール。「種を採取して町の活性化につなげたい」と話している。【斎藤和夫】

5月15日20時10分配信 毎日新聞
posted by obaco at 20:10| いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。